史跡案内ボランティアガイド


by Fukuoka-heguri

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

定期ガイド
史跡巡り
日帰りバス研修
研修旅行
臨時ガイド
ジュニアプロジェクト
平群倶楽部について
会員の活動
イベント
その他

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 03月
2010年 09月

最新のコメント

メモ帳

検索

最新の記事

2017年11月度史跡巡り(..
at 2017-11-21 20:37
平成29年度 連絡協議会バス..
at 2017-11-09 19:23
2017年11月度 定期ガイド
at 2017-11-03 20:50
11月定期ガイド(旧三瀬街道..
at 2017-10-30 23:59
2017年秋の研修旅行
at 2017-10-26 20:34

カテゴリ:日帰りバス研修( 5 )

平成29年度 連絡協議会バス 研修

平成29年度 連絡協議会バス 研修                             
2017年 11月9日(木)8時30分~17時00分 快晴
日田市とその周辺
参加者34 名(野方 13、今宿10、姪浜8、今津3)
参加費 3,500円

[研修行程] 
   8:30 姪浜中央公園出発 ⇒ 10:00日田埋蔵文化財センタ
⇒ 10:50 豆田町散策(広瀬資料館他)⇒ 12:00 昼食 「いた屋本家」(ウナギ)
⇒ 13:30 大刀洗平和記念館 ⇒ 14 :30~15:50 キリンビール福岡工場
⇒ 16:50 姪浜中央公園解散 

秋晴れの暖かい好天に恵まれました。直前キャンセルで昨年より数名少なくなりましたが、野方グループの参加者はいつになく多くなりました。糸島観光のバスで賑やかに日田へ向かいます。山田のPAでトイレ休憩後、日田埋蔵文化財センタに直行です。         
日田は、2日後の11・12日が「天領祭り」というタイミングで人出も多く、その準備で慌ただしい豆田町内を、楽しいガイドさんの案内で歩きました。天領という独特の歴史を持つ日田の情緒ある風情を、満喫しました。午後は、筑前町の「大刀洗平和記念館」で、近世の痛ましい戦争の歴史も学びました。
昼食は、老舗のうなぎ屋の「せいろ蒸し」を堪能し、仕上げの生ビールの試飲で帰路のバスも心地よく、楽しいバス研修となりました。


日田埋蔵文化財センタ
少し山手のログハウスのような埋蔵文化財センタでは、学芸員の行時さんの案内で、常設展示と企画展「最新の発掘調査成果展」を見学しました。縄文時代から近世に至る日田の歴史がよくわかります。
入口には、約9万年前の阿蘇山の4回目の破壊的噴火(九州全域に及ぶ)による火砕流でなぎ倒されて、小野川の川底(現地は天然記念物指定)に埋没していた樹木(杉)が展示されています。発見樹木は、13種に及ぶそうで、変形し折れて焼け焦げていました。

b0273309_16361517.jpgb0273309_16362857.jpg



豆田町の散策
b0273309_17272875.jpg
b0273309_17395472.jpg
ガイドは、観光協会の立花さん。衣装は他のガイドさんと異なり自分のオリジナルだそうで、これに自分で金魚の絵を入れた日田特産の下駄をはいて、時代がかった雰囲気で明るく元気で楽しい案内でした。



広瀬資料館
b0273309_164343100.jpg

最初に、広瀬資料館に入ります。日田と言えば何といっても、江戸時代の高名な教育家、広瀬淡窓(1782~1856)と「咸宜園」です。

館長説明
b0273309_16445154.jpg
広瀬一族
b0273309_16451842.jpg

館内は、資料館館長さん自身の手慣れた説明で、淡窓の素晴らしさがよくわかりました。淡窓は、博多から移住した広瀬家の5代目三郎右衛門(博多屋)の長男として生まれ、1805年から講学を始め、文化14年(1817)に現在地に私塾「咸宜園」を開きました。今年がちょうど開塾200年になります。咸宜とは「詩経」の言葉で「ことごとくよろしい」という意味で、学歴・年齢・身分を問わない、門下生の個性を尊重した教育理念が込められています。門下生は、明治30年に閉塾するまで、全国(栃木以外)から約5000人もの人材が育っており、江戸期の最大規模の私塾でした。

葉室麟の小説「霖雨」にもでてきますが、家業の掛屋を継いだ弟の久兵衛も、商人ながら私欲を抑えて、新田開発や諸藩の財政改革にも貢献しました。対馬で朝鮮通信使の対応もやったことがあるそうです。一族はいずれも非凡な才を持っていたようです。

豆田御幸通り
b0273309_16495672.jpg

豆田御幸通りから御幸橋を右に折れ、花月川添いを一新橋まで。そこからまた右に折れて、街並みをぐるりと一周巡りました。

紙の燈籠

b0273309_16515491.jpg
竹灯籠b0273309_16522156.jpg

花月川は、先般の大洪水で溢れ土砂に埋もれてしまいました。一新橋の下は、今もかなり土砂が残っていました。橋の下には天領祭りで使うランタンや、門前には竹灯籠の準備が進んでいました。

岩屋薬舗日本丸館(国登録有形文化財)
安政2年開業(明治後期改築)の薬屋
b0273309_16553282.jpg
草野本家(国指定重要文化財)
あいにく木曜日は定休日でした。
b0273309_16572323.jpg

天領日田資料館
天領時代の歴代代官や代官所の資料等
展示してありました。
b0273309_1713819.jpg
広瀬淡窓旧宅南家
淡窓の旧宅,広瀬家の隠家としていた。
b0273309_1731055.jpg




     ~~~昼食 うなぎの「いた屋本家」~~~

町内に3軒あるあるうなぎ屋の一つで維新前からの創業160年との事。b0273309_1871571.jpg



せいろ蒸しb0273309_187302.jpg


    食事後は、日田に別れを告げて筑前町の方に向かいます。


大刀洗平和記念館
b0273309_18185375.jpg

館内では、まず映像で大刀洗の悲痛な歴史を学び、館の田原さんのガイダンスのあと自由見学です。大刀洗には、大正8年から旧陸軍が東洋一を誇った飛行場を中心とする一大軍都が存在し、大きく発展しました。しかしそのために、昭和20年の米軍大空襲で壊滅的な被害を受け、民間人を含む大勢の命が奪われました。飛行場は特攻隊の中継基地として多くの特攻隊員を送り出した、切ない場所でもあります。尊い犠牲を忘れないために、平和へのメッセージの発信基地とすることが記念館のコンセプトだそうです。

零式艦上戦闘機
b0273309_18203828.jpg

館内で唯一撮影が許されている、いわゆるゼロ戦です。世界で唯一の現存機だそうです。天井に展示されたB29の等身大模型から撮影しています。あまりにも違う機体の規模と展示位置は、いかにも哀れで蛇に睨まれたカエルのような気がしました。新館には、特攻関係の展示がありました。


キリンビール福岡工場

案内の吉村さん
b0273309_18225022.jpg

平和記念館からすぐお隣の朝倉市馬場にある、キリンのビール工場見学です。
吉村さんの案内で、工場の概要やおいしい一番搾りの出来る工程を順に見学します。福岡工場は、1966年に、国内8番目の工場として稼働を開始しています。


b0273309_18245394.jpg
毎日、大きなタンク2本分が出荷されるそうです。
b0273309_18253742.jpg
素材の麦から、麦芽をつくり(製麦)、砕いて緩やかに温度を上げ「もろみ」を作ります。ホップを加え煮沸し、冷やした麦汁に酵母を加えて、発酵タンクで低温発酵させる。1~2か月タンクで低温貯蔵し熟成させてから、パッケージングして出来上がりです。普通のビールは最初に絞った麦汁と2番目の麦汁と混ぜて製品化しますが、もろみから最初に流れ出た麦汁だけを使うのが一番搾りだそうです。だから上品な味になるそうです。

 お楽しみの試飲
b0273309_18274545.jpg

試飲コーナーで、一番搾りと一番搾りプレミアム、黒生等、一人3倍までの試飲ができます。おつまみ付きで、もちろん飲めない方には清涼飲料水などもありました。この時とばかり、ほとんどが制限時間の20分いっぱいまで飲んで満足されたようです。
おいしくいただきました。ごちそうさまでした。50分の短縮コースでしたが充分でした。

   


   糸島バス
これですべてのスケジュールは完了し帰るだけです。
糸島バスの運転手さんご苦労様でした。
細い山道も狭い駐車場もすいすいと安定した運転技術で安心でした。
b0273309_1831649.jpg





ーーー解散ーーー

b0273309_1836214.jpg17時少し前には無事、姪浜中央公園に到着し解散となりました。
無理のない行程とバラエティに富んだ内容で、素敵な研修となりました。
できれば天領祭りも見たいところでした。
ご参加の皆さんお疲れ様でした。
研修担当の今宿G大崎さんお世話様でした。
[PR]
by Fukuoka-heguri | 2017-11-09 19:23 | 日帰りバス研修

平成28年度 連絡協議会バス研修

平成28年度 連絡協議会バス研修
2016年 11月10日(木)8時30分~16時10分 曇り後雨
佐賀県唐津市 菜畑遺跡・末盧館、久里双水古墳および
長崎県松浦市 鷹島埋蔵文化財センタ・同民俗資料館、元寇記念碑 他
参加者38 名(平群 6、姪浜15、今宿13、今津4)
参加費 3,000円


研修行程
8:35 姪浜中央公園出発 ⇒ 9:30唐津市 菜畑遺跡・末盧館 ⇒ 10:50松浦市 民族資料館
・同 埋蔵文化財センタ ⇒ 12:05昼食 阿翁浦港「吉乃や」⇒ 13:05元寇記念碑 
⇒ 13:30道の駅「鷹ら島」⇒ 14:25久里双水古墳 ⇒ 14:45 JA唐津「うまかもん市場」
⇒ 16:05姪浜中央公園解散 
   
午前中曇りで午後小雨が降り出す、急に冷え込んだあいにくの一日でしたが、外歩きが少なかった分さほど支障は感じませんでした。糸島観光のバスで、唐津に直行しました。稲作を伝える重要な菜畑遺跡に建つ末盧館では縄文晩期から弥生に亘る稲作の歴史について、鷹島では鎌倉時代の元寇の歴史について説明を興味深く聞き入りました。最後は雨の中をかなり高い久里双水古墳の頂まで登り、古墳時代の雰囲気も味わいました。
昼食は、日本一といわれる鷹島の養殖トラフグのランチを堪能し、トイレ休憩や最後の買い物で立ち寄った農産物直売所では、福岡では野菜が高いので、それぞれ山のようなお土産を仕入れて帰路につきました。詰め込み過ぎない手頃な行程で、じっくり楽しめました。



菜畑遺跡・末盧館

末盧館
「からつ末盧館」は、魏志倭人伝に有名な「末盧国」に比定されるこの地に因み、日本最古の稲作遺跡といわれる菜畑遺跡を顕彰するため、この名がつけられました。25~2600年前に始まる菜畑遺跡の再現とここで発掘された遺物の数々を展示しています。館内では、折よく「稲作伝来第二幕」(唐津湾岸の弥生社会の成立)の特別企画展も見学でき、稲作の発展段階との違いも勉強できました。
b0273309_15474756.jpg
館内b0273309_1548037.jpg



館内展示から遺跡公園(出あいふれあい広場)まで、末盧館の学芸員濱口さん(女性)の案内です。明快な語り口でとてもわかりやすく稲作の歴史を解説していただきました。縄文晩期を証明した炭化した米(日本最古?)だけでなく、アワ・ソバ・大豆などの五穀や栗・桃などの果実、石包丁・木のクワなどの農工具、土器などとともに、猪豚(家畜?)や各種の動物の骨も出土しており、「日本農業の原点」としても見るべきものがあります。

出あいふれあい広場

b0273309_1550913.jpg

裏の広場では当時の小さな水田を再現し、そこで今年刈り取ったばかりの赤米が干してありました。広場内には、竪穴住居や高床式倉庫、縄文の森も復元しています。


松浦市立 歴史民俗資料館・埋蔵文化財センター 
歴史民俗資料館
b0273309_15573428.jpg

鷹島の海底遺跡では1980年から、琉球大などを中心に調査が行われて、壺や刀・碇石などが引き上げられていましたが、2011年(平成23)に水深20数ⅿの海底を約1ⅿ掘り下げたところから、元の軍船(船底の竜骨と外板)を発見しました。それで翌2012年に鷹島町神崎免の沖合海域(約38万㎡)が日本で初めての海底遺跡「鷹島神埼遺跡」として国史跡に指定されています。この海域は弘安の役(1281年)の際、元の船団が暴風雨で壊滅的被害を受けた地点といわれています。 

b0273309_1655515.jpg資料館では海底遺跡からの4000点以上の出土遺物と、埋文センタでは、海中という特種な状態での発掘と遺物の保存処理方法などを見学勉強できます。学芸員の山下さん(女性)の抑揚をつけた講談調の語り口は、情景が見えるような説明で、聴衆を見事に元寇の時代に連れて行っていただきました。
AR(拡張現実)の眼鏡をかけて、蒙古襲来の元寇船団に乗っている気分を味わうことができました。スマホでも可能です。


鉄製冑
b0273309_1610283.jpg
牡蠣殻のつく壺
b0273309_16112174.jpg


 てつはう
蒙古襲来絵詞で有名な新兵器「てつはう」。
投石機で飛ばし、中には鉄や陶器のかけらが詰められていたそうです。
b0273309_16123620.jpg
管軍総把印
昭和49年に発見された青銅製の印。元国字のパスパ文字で「管軍総把印」と刻まれています。
持ち手のところに「至元14年(1277)9月造」の字も確認できる。総把とは中隊長程度の将校とのこと。
b0273309_1613794.jpg


海底発掘模様レプリカ
海底での調査は大変です。掃除機のようなもので砂泥を吸って取り払います。
木製遺物などは地上に上げるとすぐ腐ってしまうそうで特別な処理が必要です。
b0273309_16134485.jpg
木製大碇の先端と碇石
b0273309_1614199.jpg






    ~~~~~~ 昼食 阿翁浦港「吉乃や」 ~~~~~~
      とらふぐdeランチセット
b0273309_16221464.jpg

松浦市は、とらふぐの養殖で日本一だそうです。
赤い皿一杯のフグ刺し付きランチは料金もリーズナブルでここでなければ食べられません。




宮地嶽史跡公園
b0273309_1654141.jpg

食事後は、宮地嶽公園の元寇記念碑を見学しました。鷹島町阿翁免の標高116mの宮地嶽は、玄界灘が一望に見える鷹島一の絶景地で、近くにモンゴル村(先月で休村に)も見えます。元寇の際の激戦地になりました。数名を除きほぼ全員が元軍に殺されたという村民の慰霊塔もあります。昭和45年に史跡公園として整備されました。

元寇記念碑
b0273309_1672766.jpg

元寇記念碑は大正5年に建立されましたが、碑の裏には元寇の役の経過や元軍殲滅の史実が刻まれています。風もあり雨の中の見学となり、せっかくの絶景地でしたが早々に切り上げました。


鷹島肥前大橋

b0273309_1684120.jpg

平成21年開通の、鷹島肥前大橋のたもとにある道の駅「鷹ら島」でトイレ休憩後、再び唐津の方へ戻ります。



久里双水古墳公園


久里双水古墳
b0273309_16103425.jpg

傘をさして登りました。久里双水古墳は、唐津平野の南最奥部の松浦川右岸の丘陵部に立地する、古墳時代初頭(3世紀末から4世紀初頭)築造で、今宿古墳群よりも大きな、近隣では最大の前方後円墳です。古墳公園の中の建物に、発掘された竪穴式石室のレプリカが展示されています。


発掘調査時の写真
b0273309_16114484.jpg
古墳の頂上から
b0273309_16122511.jpg



墳丘長は90ⅿ、後円部長47ⅿ、くびれ部幅20ⅿ、前方部幅29ⅿ。高さが非常に高く、天井石の上部で標高37ⅿ前後あり、墳頂はさらに高かったと思われます。墳頂部には後世に経塚が置かれ、削られています。前方部は整形と版築状盛土がありますが、後円部は地山の整形のみで盛土はありません。

全体の墳形は、くびれ部分が不明瞭な柄鏡形です。未盗掘だった石室内から、径約12㎝の平縁盤龍鏡(黄河・長江流域と楽浪の漢墓から出土、国内では30面出土)や鉄製刀子、碧玉製管玉などが出土しています。未盗掘の割には遺物が少ないのは、石室内の気密性が失われ劣化が激しかった可能性もあるとか。




b0273309_16243942.jpg 


最後に「うまかもん市場」に寄って、それぞれ野菜や果物などのお土産・夕食の素材を大量に仕入れてから、帰途につきました。
程よい見学数で、雨の中のバスの乗り降りも少なくてすみ楽しく有意義な研修旅行でした。
ガイドのお二人の説明には皆さん感心しきりで、良い刺激になったようです。
研修担当の今宿G大崎さんお世話様でした。
ご参加の皆さんお疲れ様でした。
[PR]
by Fukuoka-heguri | 2016-11-10 16:52 | 日帰りバス研修

H27年度・西区よかとこ案内人連絡協議会の日帰りバス研修

平成27年度 西区歴史よかとこ案内人連絡協議会の日帰りバス研修  
2015年8月27日(木) 9.30~18.00
~八女丘陵古墳コース~
参加者32名(平群7名) 参加費 2,000円

研修行程 
  姪浜中央公園出発 ⇒ 石人山古墳(古墳公園資料館) ⇒ 岩戸山古墳と岩戸山古墳資料館
 ⇒ 昼食(和華)⇒ 乗場古墳 ⇒ 善蔵塚古墳 ⇒ 丸山塚古墳 ⇒ 茶臼塚古墳
⇒ 鶴見山古墳 ⇒ 一念寺 ⇒ 童南山古墳 ⇒ 姪浜中央公園解散

しばらく続いた県外遠征から趣向を変えて、今年は古墳のテーマで近場の「八女古墳群」になりました。岩戸山の資料館が新館建設中(11月末開館)で、既存の資料館は8月一杯で閉館になるため、やむなくこの時期の開催です。30度を超える8月の直射日光の中の外歩きは熱中症も心配されましたが、連続した古墳コースをやぶ蚊に刺されながら、何とか一万歩以上も歩きました。
今回は、二つの資料館ではそれぞれ学芸員の方等の説明を受け、岩戸山古墳回りは熱く楽しいボランティアガイドの西田さん(75才)、乗場から鶴見山までの古墳ルートは新設岩戸山古墳文化交流館の大塚係長の緻密で示唆に富んだ案内でした。
丘陵に連綿と続く300余基の古墳群には、前方後円墳あり、円墳あり、石人・石馬あり、装飾古墳ありと多種多様で、当時この地に勢力を張った筑紫の君一族の栄華と磐井の乱後の苦悩と衰退が、透けてみえるようでした。2年前の、平群で行った史跡めぐりの補完ができました。
途中、伝赤穂義士寺坂吉右衛門の墓がある一念寺本堂で一休みし、裏山のお墓にもお参りしました。
最後の童南山古墳を定時に出て、基山インターでちょっと買い物分遅れましたが、予定通りの行程で無事帰りました。


石人山古墳公園資料館
b0273309_142093.jpg古墳内に祀られた石人像
b0273309_1431198.jpg


開館(11月末)を待つ
岩戸山古墳文化交流館

b0273309_1453014.jpg現 岩戸山古墳資料館
(我々が最後の訪問団体?)
b0273309_1462513.jpg



岩戸山古墳 別区にて(野方グループ参加者)

b0273309_1482890.jpg


乗場古墳
(葛子の墓ではない? 大塚係長)
b0273309_14105366.jpg

丸山塚古墳
装飾円墳
b0273309_1412918.jpg

茶臼塚古墳
福島城修築で天井石が抜かれ、中央陥没円墳
b0273309_14131127.jpg

鶴見山古墳
前方後円墳、武装石人が発掘された
b0273309_14143563.jpg


一念寺
墓は左奥裏山140段ほどの階段上
b0273309_14162799.jpg

伝・寺坂吉右衛門の遺品?(槍・鉈)
b0273309_14174075.jpg
寺坂吉右衛門の墓(全国に8か所もある)
b0273309_14202280.jpg


童南山古墳
b0273309_14242778.jpg

[PR]
by Fukuoka-heguri | 2015-08-27 20:56 | 日帰りバス研修

平成26年度・西区歴史よかとこ案内人連絡協議会日帰りバス研修 

平成26年度 西区歴史よかとこ案内人連絡協議会の日帰りバス研修 
2014年9月25日(火) 9.00~18.30
~長崎県 平戸市歴史観光コース~


参加者32名(平群8名) 参加費 3,500円

研修行程 
  姪浜中央公園出発(9:00) ⇒ 平戸着12:00 昼食(旗松亭)⇒ 平戸港交流広場
 ⇒ 松浦資料館 ⇒ 寺院と協会が見える風景 ⇒ 聖フランシスコ・ザビエル記念協会
⇒ 大蘇鉄 ⇒ 六角井戸 ⇒ 平戸オランダ商館 ⇒ 姪浜中央公園解散 


   
今回は好天に恵まれ、平戸までの遠征となりました。一路西九州自動車道を直行し、到着後すぐ丘の上の由緒ある旗松亭のお座敷で昼食です。休憩時間を利用して裏手の展望台まで登り、まず海と平戸城の眺望を楽しみました。
バスで平戸港まで戻り、港の交流広場で2名(男性と女性)のガイドの方と落ち合い、2班に分かれて見学開始です。日本で最初に海外に門戸を開いた港であり、建物や史跡などあらゆるものが異国情緒にあふれ、美しい坂のある城下町の風景に歴史とロマンが散りばめられていました。
折しも街は近くの神社のお祭りで賑わっており、神輿の後ろを歩いていたら神棚お供え用の榊をいただいて、皆さん大事に持ち帰りました。よかとこに何か良かことがありますように。
坂道や階段が多いため参加者の列が前後にバラケがちで、なかなかガイドさんに揃ってついて行くのは大変でしたが、十分平戸を堪能しました。
帰りは途中地場産品の店に立ち寄ってお土産を整え、予定通り無事終了しました。


「松浦資料館」から平戸港と平戸城遠景
b0273309_15375386.jpg
寺院と協会が見える風景
b0273309_15385922.jpg


聖フランシスコ・ザビエル記念教会
b0273309_15412775.jpg


大蘇鉄
b0273309_15464933.jpg六角井戸
b0273309_15473025.jpg


オランダ商館(復元)
b0273309_15504944.jpgオランダ商館内 (当時の展示品が)
b0273309_1551095.jpg

[PR]
by Fukuoka-heguri | 2014-09-25 20:32 | 日帰りバス研修

西区歴史よかとこ案内人連絡協議会の日帰りバス研修  

平成25年度 西区歴史よかとこ案内人連絡協議会の日帰りバス研修  
2013年9月26日(木) 9.00~18.00
~杵築城とその城下町を訪ねて~

西区九電前(9.00発)~(大分自動車道・日出バイパス経由)~ 杵築城 ~ 昼食
杵築ふるさと産業館 ~ 番所の坂 ~ 酢屋の坂 ~ 志保屋の坂 ~ 大原邸~
磯矢邸 ~ きつき城下町資料館 ~(大分自動車道経由)~ 西区九電前(18.00)  

今年の西区歴史よかとこ案内人連絡協議会のバス研修は、大分県杵築市の、杵築城と
その城下町(豊後路の小京都)を訪ねました。

バスを降りて、急な石段をのぼると、国東塔や五輪塔等が集められた古代公園があり、
そしてその奥に、複元された3層の天守閣と築地塀がありました。
杵築城は、鎌倉時代の建長2年(1250年)に大友氏二代目親秀の六男親重(ちかしげ)が、
竹ノ尾の高台に築城したのが杵築城の起源で、その後、応永元年(1394年)に、木付氏四代目
である頼直が城をこの地へ移築して、城名を「木付城」としたのだそうです。
その後、1599年(慶長4年)からは、小倉藩主の細川氏、小笠原氏が城代を置いていましたが、
1645年(正保2年)に能見松平氏の松平英親公が豊後高田藩より移封され、それ以降は、
明治維新まで、能見松平氏が治めたそうです。
b0273309_1420792.jpg

昭和45年に復元されたこの天守閣内は、刀剣類や甲冑類を展示する、市の資料館となっていました。
平群倶楽部にとっては、去年の研修旅行でお馴染みの三浦梅園や、伊能忠敬の先生高橋至時の
師である、麻田剛立(ごうりゅう)の書などの資料も展示してありました。
b0273309_14252170.jpg


杵築ふるさと産業館の前からは「城下町きつきボランティア」の人の案内で、
城下町を散策しました。
ここは、江戸時代、松平三万二千石の城下町として栄えた町です。
南と北の高台に武士が住み、その谷間に商人が暮らす、日本唯一の『サンドイッチ型』の城下町として
有名なのだそうです。
まず、番所の坂を登って北台武家屋敷を見学しました。
b0273309_1435452.jpg

b0273309_14331193.jpgb0273309_14335751.jpg


今でも江戸時代の風情が色濃く残る杵築の町は、全国初の「着物が似合う歴史的町並み」に
認定されているそうです。
b0273309_14373278.jpg

「サンドイッチ型城下町」の形状が、ひとめで分かる「酢屋の坂」を下り、商人の町を
横切って「志保屋の坂」を登りました。 
b0273309_1439349.jpgb0273309_14405329.jpg
b0273309_14415653.jpg
b0273309_14432263.jpg


南台武家屋敷の方の、きつき城下町資料館を見学し、南台の突端の展望台へ行きました
そこからは、杵築城と杵築大橋そして八坂川河口と、別府湾に続く海がみえました。
この海には、貴重な生きる化石と言われている「カブトガニ」をはじめとして、希少な
動植物が生息しているそうです。 杵築市の汚水蓋の図柄は「カブトガニ」でした。
b0273309_1445514.jpg

b0273309_14462318.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~
ほぼ時間通りに、無事姪浜に到着しました。
よかとこ案内人連絡協議会の皆さん、ありがとうございました。
[PR]
by Fukuoka-heguri | 2013-09-26 20:59 | 日帰りバス研修