史跡案内ボランティアガイド


by Fukuoka-heguri

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

定期ガイド
史跡巡り
日帰りバス研修
研修旅行
臨時ガイド
ジュニアプロジェクト
平群倶楽部について
会員の活動
イベント
その他

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 03月
2010年 09月

最新のコメント

メモ帳

検索

最新の記事

2017年11月度史跡巡り(..
at 2017-11-21 20:37
平成29年度 連絡協議会バス..
at 2017-11-09 19:23
2017年11月度 定期ガイド
at 2017-11-03 20:50
11月定期ガイド(旧三瀬街道..
at 2017-10-30 23:59
2017年秋の研修旅行
at 2017-10-26 20:34

カテゴリ:会員の活動( 5 )

野河内・アジサイ植樹祭参加

福岡想山会 野河内往還の会
ワークショップ
アジサイの苗 植樹祭に参加しました。

2017年3月11日(土) 9:00~15:00
平群倶楽部の参加者  5名(田山、内村、深堀、古川、大賀)
b0273309_17666.png

2016年10月15日には「野河内往還の会」への旧三瀬街道・飯場峠の出張ガイドを平群倶楽部が行いました。
また、11月に行っている三瀬街道・飯場峠の定期ガイドの際には地元の方々にご協力戴いているという経緯もあり今日の参加の運びになりました。

代表者の島田さんの挨拶と注意事項などの説明
b0273309_1773913.jpg平群倶楽部からは代表して田山さんがご挨拶。ユーモアたっぷりの平群倶楽部の紹介に大爆笑。
b0273309_1775226.jpg



b0273309_1713124.jpg



竹が立っている所に穴を掘って苗を植えていきます。
マイ鍬を振り下ろして大奮闘の内村さん
b0273309_1719559.jpg

植えた所にはピンクのリボンを結んで目印にします。
本格的な仕事人スタイルの古川さん
b0273309_17241222.jpg



b0273309_2023359.png

この斜面いっぱいにアジサイの花が咲きますよ~ 
b0273309_17384438.jpg



サプライズ!
昼食はお弁当持参の事となっていましたが、
地元の方々のお心遣いで、シシ鍋とお赤飯の差し入れがありました。
b0273309_20123746.jpgb0273309_20125039.jpg
地元の具材たっぷりのシシ鍋も、モチモチお赤飯もとても美味しかったです!



お世話になりました。
福岡想山会 野河内往還の会

島田さん
b0273309_2046544.jpg筒井さん
b0273309_204241.jpg






b0273309_2035224.png
参加の皆さま、お疲れ様でした。
足腰のケアしてお休みください。
[PR]
by Fukuoka-heguri | 2017-03-11 20:47 | 会員の活動

福岡想山会・野河内往還の会への出張ガイド

2016年10月15日
「野河内往還の会」の依頼により旧三瀬街道・飯場峠の出張ガイドを行いました。

参加者 
野河内往還の会 16名  
平群倶楽部より 2名

旧金武宿の案内板の前で資料を配り古場案内人が説明をしました。
b0273309_15485022.jpg



大山祇神社で旧三瀬峠と伊能忠敬の説明をする田山案内人。
b0273309_15494785.jpg



山登りのグループだけあって皆さん健脚でした。
b0273309_1625829.jpg

[PR]
by Fukuoka-heguri | 2016-10-15 15:40 | 会員の活動

飯盛宮当流流鏑馬・2014

2014年10月9日
福岡市西区飯盛神社にて流鏑馬(市無形民俗文化財)が行われました。
秋季大祭(くにちまつり)において、五穀豊穣・武運長久・無病息災を祈って行われてきた伝統行事の一つです。


参進(お汐井とり行列に出発)
b0273309_1626478.jpgb0273309_16251447.jpg


鎧直垂(よろいひたたれ)に行縢(むかばき)をはき、綾藺笠(あやいがさ)をかぶって腰に太刀をたばさんだ狩衣(かりぎぬ)姿。
b0273309_16285438.jpgb0273309_1624483.jpg

280メートルの参道を約20秒で駆け抜けながら3つの的を射ぬきます。
近くで見ると凄い迫力です。
b0273309_16291838.jpg
b0273309_16292778.jpg

b0273309_1638762.jpg

[PR]
by Fukuoka-heguri | 2014-10-09 20:15 | 会員の活動

鷹島神崎遺跡国史跡指定記念シンポジウム

松浦市鷹島町の「鷹島スポーツ・文化交流センター」で行われた鷹島神崎遺跡国史跡指定記念シンポジウム「蒙古襲来、元の軍船からみえてくるもの」に、西区歴史案内の仲間の他のグループの人たちも一緒に、バスを貸し切って行ってきました。

1月26日(土)早朝7時30分姪浜駅北口を出発。
b0273309_1761094.jpg


鷹島まで二時間弱のバスの旅で、
「スポーツ・文化交流センター」に到着しました。立て看板の奥に屋外喫煙所がありました。寒さに足踏み
しながら吸っている人がいました。たばこ止めればいいのに。  到着時は小雪が舞っていました。b0273309_1784980.jpgb0273309_17101479.jpg


基調講演  「蒙古襲来と鷹島」  佐伯弘次氏・九州大学大学院教授

基調報告① 鷹島神崎遺跡における元軍沈船の調査  (池田榮史氏・琉球大学法文学部教授)
NHKスペシャル「発見・幻の巨大軍船」の、琉球大学の池田先生の話は、実際に海底に潜って探しまわった人ならではのお話で興味深いものでした。
先生がご自分の潜水具の頭にカメラを取付け、二十数メートル下の現地まで潜る様子を撮られた映像は、圧巻でした。
b0273309_17162127.jpg


基調報告② 鷹島海底遺物の科学調査  (今津節生氏・九州国立博物館科学課長)
基調報告③ 韓国水中発掘調査の現状と調査成果 (梁 淳碩氏・国立海洋文化財研究所 水中発掘課学芸研究士)泰安馬島における水中発掘調査を中心に講演               
通訳 主税英徳氏・佐賀県三養基郡基山町教育委員会

*予定されていた中国・内蒙古自治区文物考古研究所長の、陳 永志(チェン・イォンジ)氏が欠席で、会場から残念の溜息があがりました。しかし何故なのでしょうか。


パネルディスカッション
今津節生先生をコーディネーターに、パネラーとして荒木伸介氏・水中考古学者と後籐雅彦氏・琉球大学法文学部准教授が加わられて行われました。
b0273309_17121540.jpg





「韓国の国威をかけての水中発掘への取り組み」
b0273309_17172856.jpg

梁 淳硯(ヤン・スンソク)氏の話には出てこなかったのですが、韓国における水中発掘調査の現状という資料の番号Ⅰ、新安 防築里 新安船 発掘調査というのは、森浩一さんの「古代史の窓」という本の「そっくりさんの香炉」にでてくる、京都の東福寺へ届くはずの荷を積んで沈んだ、沈没船のことのようです。
西谷 正先生は「新安海底発見の木簡」という論文を85年に発表されているそうです。
b0273309_17193344.jpg



「てつはう」
蒙古襲来絵詞に「てつはう」の名称ででてくる元軍が使用した炸裂弾は、危険だから発射する寸前にしか火薬を詰めない。火薬をつめたら即発射する。だから火薬の詰ったままの現物が出たということは、あの神風が、いかに突然の嵐であったかの証拠なのだ、という話に納得しました。

X線CTスキャナによる調査・内容物が残る「てつはう」
b0273309_17233682.jpg




帰路
天気はすっきりと回復していました。帰りに寄り道をした「道の駅鷹ら島(たからじま)」に舟が展示してありました。2001年のNHK大河ドラマ「北条時宗」の船団の中の一艘だそうです。
しかし今回発掘された船はこれの4~5倍はありそうです。
b0273309_17244561.jpg


夢の大橋「鷹島肥前大橋」
平成21年4月18日に、開通しました。
向こう側は佐賀県唐津市肥前町、こちら側は
長崎県松浦市鷹島町、斜張橋で橋長1.251m、
通行料は無料でした。
b0273309_17254093.jpg


夕焼けがとてもきれいでした。
b0273309_17274615.jpg

[PR]
by Fukuoka-heguri | 2013-01-26 17:39 | 会員の活動

志賀海神社 山誉漁猟祭(やまほめかりすなどりのまつり)

10月15日 志賀海神社の特殊神事 山誉祭 を見学しました。神功皇后もご覧になって、「志賀の浜に打ち寄せる波が途絶えるまで伝えよ」と厚く庇護されたと伝えられる、五穀豊穣と収穫に感謝する伝統のお祭りです。


「扇を執り、三山を誉めるが如く三度ずつ合わせ打つ」
b0273309_19402019.jpg

弓で 鹿を射るところです。 「志賀三社 志賀大明神の御力を以て 一匹たりと 逃がしはせぬ」
b0273309_19403689.jpg


「君が代は 千代に八千代に さざれいしの いわおとなりて こけのむすまで」  この口上は 国歌の起源とも、考えられています。
「志賀の浜 長きを見れば」「磯良が崎に鯛釣るおきな」「いくせで釣る」「よせてぞ釣る」  
 しゃがんでいる別当の人達は、ワラの束を ヒレにみたてて、鯛の姿を演じ(えんじ)ています。 幼稚園の園児(えんじ)たちといっしょに見学をしました。
b0273309_19405279.jpg

[PR]
by Fukuoka-heguri | 2012-11-15 16:10 | 会員の活動