史跡案内ボランティアガイド


by Fukuoka-heguri

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

定期ガイド
史跡巡り
日帰りバス研修
研修旅行
臨時ガイド
ジュニアプロジェクト
平群倶楽部について
会員の活動
イベント
その他

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 03月
2010年 09月

最新のコメント

メモ帳

検索

最新の記事

2017年11月度史跡巡り(..
at 2017-11-21 20:37
平成29年度 連絡協議会バス..
at 2017-11-09 19:23
2017年11月度 定期ガイド
at 2017-11-03 20:50
11月定期ガイド(旧三瀬街道..
at 2017-10-30 23:59
2017年秋の研修旅行
at 2017-10-26 20:34

<   2013年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2013年7月 ジュニアプロジェクト

ジュニアプロジェクト
日 時   7月23日(火)10時~12時
場 所   福岡市西区壱岐南小学校 体育館
      小学生を対象に平群倶楽部主催で「勾玉・金印」作りを行いました。

この日は二十四節気の「大暑」でした。福岡市の最高気温はなんと37.3度、
7月では観測史上最高の気温であったそうです。まさに「大暑」。
その暑さの中、子供達は元気に参加してくれました。
平群倶楽部のメンバーも汗だくの対応でした。

受付・材料渡し
b0273309_14565636.jpg
b0273309_1810470.jpg



金印作り
b0273309_18121721.jpgb0273309_1812588.jpg
b0273309_18134248.jpgb0273309_18143675.jpg


勾玉作り
b0273309_18161061.jpgb0273309_181709.jpg
b0273309_1818085.jpgb0273309_18184249.jpg


完成
石に金色のスプレーをかけるとそれらしく
b0273309_1820235.jpg完成品のサンプル
b0273309_1821472.jpg


記念写真
b0273309_15124488.jpg

[PR]
by Fukuoka-heguri | 2013-07-23 18:05 | ジュニアプロジェクト

2013年7月度史跡巡り

2013年7月度史跡巡り
風浪宮・昇開橋・肥後街道を歩く 

出発 → 三瀬トンネル → 佐賀大和 → 諸富橋・大川橋 →風浪宮駐車場
風浪宮・・・昇開橋・・・昼食・・・榎津・小保の町並み(肥後街道)散策・・・ 

風浪宮
風浪宮の駐車場で、大川観光ボランティアガイドの中村さんに大川では「おふろうさん」と呼ばれ、親しまれている風浪宮神社についての説明をしてもらいました。
b0273309_211449100.jpg

神功皇后が三韓征伐からの帰途、筑後葦原の津、(現在の大川市の榎津)に寄港したとき、
皇后の乗った船の近くに、白鷺がこつ然と現われて、東北の方角に飛び去ったそうで、
皇后はこの白鷺こそ勝運の道を開いた少童命(わだつみのみこと)の化身であるといわれ、
その白鷺が止まった所にお社を建てられたのが、起源ということです。


風浪宮には、子どもでも両手で持ち上げることができる、小さな石造狛犬が一基残されているそうです。
双獅子(ふたつじし)合体で、宗風がうかがえる桃山時代の秀作とされているそうですが、見る事はでき
ませんでした。
境内の狛犬は、あ型雄球とり うん型雌子持ち で、どことなく宋風のようです。
b0273309_21163411.jpgb0273309_2117159.jpg


阿曇磯良丸の像のある風浪宮にお参りをした後、社務所のお座敷で阿曇史久宮司の
お話を聞くことができました。
宮司さんの風浪宮の歴史の話は、「風浪宮」名前の由来・風浪宮神紋 洲浜の由来・御祭神についてなど、興味深いものでした。

志賀海神社では「わたつみ」は綿津見と表しますが、ここでは少童命「わたつみのみこと」とされています。これは有明海一帯の神社に多く見受けられることだそうです。

「志賀島は阿曇氏の大陸交易の為の先端基地で、本願地は一族を養うことが出来る稲作平野で且つ海洋路を備えたこの地と、阿曇磯良丸は決めたのではないだろうか。そしてこの地に今も阿曇磯良丸が眠っている(阿曇磯良丸の墓がある)と信じている。」という、古代のロマンあふれるお話でした。
b0273309_21195669.jpg

b0273309_21205162.jpg


磯良丸神社の横に磯良塚という大きな石がありました。「たもと石」とも呼ばれていて、神功皇后が三韓征伐の折、たもとに入れて持ち帰った石で、だんだん大きくなったという伝説があるそうです。
実はこれは弥生時代の支石墓(ドルメン)とも考えられていて、これが宮司さんの云われるところの阿曇磯良丸の墓なのでしょうか。条件が整のえば、発掘調査を行うそうです。
b0273309_21235721.jpg


昇開橋
筑後川昇開橋は1935年旧国鉄佐賀線の鉄橋として、筑後川河口に架設された全長507mの東洋一の可動式鉄橋です。現存する可動橋の中では全国で最古のもので、平成15年5月30日に国の重要文化財に指定、平成19年8月には日本機械学会の「機械遺産」としても認定されています。
b0273309_21263758.jpg

1987年の佐賀線廃止に伴い、線路としての役目を終えたのですが、地元住民の強い要望によって、1996年に遊歩道として復活したそうです。
b0273309_21274191.jpg
昇開橋のテッペンを棲みかにしている隼(はやぶさ)です。
この暑さのためか、グッタリしているようでした。
b0273309_2129780.jpg

大川観光ボランティアガイドの中村さんとは、ここでお別れをしました。


昼食の後、
榎津・小保町並み(肥後街道)の散策
大川観光ボランティアガイドの星野さんは、暑いなか、丁寧に案内をしてくれました。

江戸時代、榎津地区は久留米藩の渡船場、港町として発達した町で、一方小保地区は柳川藩の肥後街道沿いの宿場町でした。

b0273309_21311988.jpg
浄福寺の門前に「第八次伊能忠敬測量隊御宿」の石碑を見つけて大喜びの平群倶楽部「三瀬街道プロジェクト」のメンバー。



久留米藩と柳川藩の藩境には、藩境の石列がありました。
暑いので皆、日陰に避難しています。ガイドの星野さん、ごめんなさい。
b0273309_21324296.jpg

法泉寺の鐘楼門b0273309_2134939.jpg

法泉寺の鐘楼門、吉原義郎家住宅(ボランティアガイドの会会長さんのお宅です)
次に国指定重要文化財・旧吉原家住宅を見学しました。
旧柳河藩小保町の別当職を代々務めた吉原家の居宅で、伊能忠敬は二度に渡ってここに宿泊したようです。
公用の間の彫刻欄間は見事なものでした。“大川木工”の伝統の技の結集だそうです。

市指定重要文化財の高橋家住宅(庄分酢)の燕です。
商売繁盛間違いなしです。
b0273309_21353383.jpg



願蓮寺では、大川木工は約460年前船の大工から始まったことや都会的なデザイン「引き手なしたんす」が、大川を代表する家具として全国的に有名になったことなどを説明してもらいました。


7月度の史跡巡りも無事終了しました。
大川観光ボランティアガイドの中村さん、星野さん、そして三宅さん、暑いなか、お世話になりました。
ありがとうございました。
昼食で追加注文した「エツのお刺身」はおいしかったです。
[PR]
by Fukuoka-heguri | 2013-07-22 21:51 | 史跡巡り