史跡案内ボランティアガイド


by Fukuoka-heguri

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

カテゴリ

定期ガイド
史跡巡り
日帰りバス研修
研修旅行
臨時ガイド
ジュニアプロジェクト
平群倶楽部について
会員の活動
イベント
その他

以前の記事

2017年 12月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 03月
2010年 09月

最新のコメント

メモ帳

検索

最新の記事

ジュニアプロジェクト
at 2017-07-31 17:52
2017年6月度・史跡巡り
at 2017-06-20 17:46
2017年5月度・定期ガイド
at 2017-05-27 18:15
2017年5月度・史跡巡り
at 2017-05-16 17:28
2017年4月度・史跡巡り
at 2017-04-18 19:10

<   2014年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ウォーキングと史跡巡りの参加者募集

      参加者募集中!
ウォーキングと史跡めぐりのご案内
風薫る早良野をウォーキングしながら歴史のロマンを訪ねてみませんか?
     野方遺跡~飯盛神社~吉武高木遺跡など
西区よかとこ案内人・平群倶楽部(ボランティアガイドグループ)がご案内致します。


 
日時:平成26517日(土)午前9時~午後2時(解散予定) 

集合場所と時間: 地下鉄姪浜駅南口(8時45分)855分のバス乗車
          または橋本駅(915分)   925分のバス乗車

   現地まで西鉄バスにて案内人がお連れします。


◆参加費: 大人300円 小学生以下100円(保険、資料代) 
           各自お弁当、飲み物を持参。
  ◆申込み締め切り:   5月10日(土)迄
  ◆申込み先:  ハガキ、電話、FAX又はe-メールで
         *〒819-0035 福岡市西区金武1872-3  田山 展       
         *電話(FAX)番号:092-405-1525       
         *e-メール:tayama162@gmail.com
           〒・住所・氏名・年齢・電話番号を記載して下さい。
*雨天の場合、中止の連絡をいたしますので電話番号等必ず明記して下さい。

     約7Kmのウォーキングとなります。
   b0273309_12582667.png         歩きやすい服装、靴などでご参加ください。


<今後の開催予定>  
9/20 夫婦塚古墳、飯盛、吉武高木
10/5 飯盛山~叶岳縦走
11/9 旧三瀬街道ウォーク


[PR]
by Fukuoka-heguri | 2014-04-30 13:01 | 定期ガイド

2014年4月 史跡めぐり

2014年4月度 史跡めぐり

2014年4月15日(水)
佐賀市内の散策、参加者8名

  出発⇒三瀬峠越え⇒徐福長寿館・丸山遺跡⇒肥前国庁跡⇒食事(熊野川)⇒のこぎり型家並み⇒
  佐賀城本丸御殿⇒三重津海軍所跡



 

徐福長寿館(佐賀市金立町)

b0273309_16225943.jpg

b0273309_16221942.jpg

 徐福長寿館では、館長さんの丁寧な説明を楽しく聞きました。日本各地には、徐福にまつわる伝承が30数か所に残るそうですが、佐賀県内は最も豊富で具体的だそうです。
「史記」に記されているように、徐福は約2200前、秦の始皇帝の命を受け、不老長寿の霊薬を求めて海を渡りました。その老若男女一行約3千人のうち、大部分が佐賀にたどり着いたといわれています。徐福が長寿館の裏山の金立山で、不老不死の霊薬といわれる「フロフキ」(カンアオイの一種・・・由来は不老不死?)を発見したという故事にちなみ、この地に薬用植物園を併設した資料館が建設されました。館は珍しい蓮の花の形をしており、徐福伝説を紹介するとともに、徐福研究の発信基地にもなっています。                   
裏の植物園には四季折々に花開く無数の薬草が植えられており、見知った草花も多く、何でも何かしら効用はあるものだと、感心しきりでした。

丸山遺跡
丸山遺跡は、徐福長寿館から歩いて10分ほどの静かな自然の中にあります。
縄文時代晩期から、弥生時代前期の118の支石墓と、5~6世紀の12基の古墳群がまとまって存在する複合遺跡です。もともと佐賀市久保泉町にあったものが、長崎自動車道建設のため、当地に移されたものです。古墳の石室には竪穴式と横穴式があり、竪穴式で最大のものは長さ1.87m、幅0.73m、高さが0.76mあります。石室の中からは鉄剣や鉄鉾、刀、やり鉋、勾玉など多くの出土品が見つかっています。

支石墓                                                       円墳

b0273309_16231455.jpgb0273309_16232973.jpg




肥前国庁跡
佐賀大和ICの近くにある肥前国庁跡は、奈良時代後半から平安時代前期にかけて、古代肥前国(佐賀・長崎)の中心となった役所跡で、東西約80M、南北約102Mの築地塀で囲まれていました。全容が明らかになっている国庁遺跡は全国でも数例しかない、貴重なものだそうです。発掘調査が完了し、現在は国庁の前門にあたる南門とその両翼の各10Mが復元されています。南門は法隆寺の東大門とほぼ同じ大きさで、高さ3.84Mあり、屋根には出土品を参考に復元した鬼瓦などが葺かれていま す。
 
      国庁南門
b0273309_16234426.jpg



復元された鬼瓦レプリカ                   
b0273309_18445637.jpg




 <近くのレジャーランド内の熊の川で昼食の後は、佐賀市内に残る、外敵の侵入を隠れて迎え撃つための、珍しい「のこぎり型家並み」を車から眺めて、佐賀城跡に向かいました。>


  
   佐賀城本丸歴史館
本丸歴史館では、ボランティアガイドの大塚さんの楽しい説明を受けました。 
佐賀城は、戦国時代に龍造寺氏の居城・村中城だったものを、佐賀藩36万石の初代藩主鍋島勝茂が総普請して、1611年に完成しました。数度の火災をへて、天保9年に10代藩主直正(閑叟)が本丸御殿を再建したものを原型にして、一部を本丸歴史資料館として復元したものです。直正は17歳で家督を継ぎ、30余年の在位時代に様々な改革を断行し、佐賀藩を幕末の雄藩にのし上げた名君と言われといます。 入口の「鯱の門」は、当初の姿を残しており、明治7年の佐賀戦争の際の江藤新平率いる反乱軍による銃弾跡も、生々しく残っています。
                                   
                       鯱の門
b0273309_16241518.jpg
 外御書院は一之間から四之間まであり、廊下を合わせると320畳の大広間となり、佐賀藩の公式行事が行われていました。完成披露の時は1000人もの家臣がここに居並んだそうです。節約を旨とする藩主直正の意向で、質素な素材を使っており、藩主の座る一之間にも一段高くなった場所もありません。藩主御座間は、直正の居室だったところで、鯱の門とともに、現存する天保期の建物で、佐賀市の重要文化財になっています。

藩主御座間前で                                      外御書院・大空間
b0273309_16245352.jpgb0273309_16244584.jpg  
 
三重津海軍所跡(国史跡)

佐野常民記念館の近藤さんに説明と案内をいただきました。
三重津は佐賀から南東5㎞の筑後川の河口部に位置し、早津江川をはさむ対岸は福岡県大川市です。佐賀藩は、幕府から委任された長崎警備の体制強化のため、長崎港外の島々に砲台を増築し、国内初の反射炉を用いた鋳鉄製大砲の製造を行うとともに、洋式海軍の創設と蒸気船の建造や保有を試みた。安政5年(1858)、藩の船屋があった三重津に、「御船手稽古所」を設置し、これが三重津海軍所の前身となった。ここで国内初の実用蒸気船「凌風丸」も建造され、佐賀藩海軍唯一の拠点となった。跡地から珍しい船の修理に使う、木と土で造られた国内最古のドライドック(乾船渠)側壁の護岸遺構が発掘されている。平成25年に国史跡に指定されたばかりで、「九州・山口の近代化産業遺産群」の構成遺産として、世界遺産への登録をめざしています。平成25年に国史跡に指定されたばかりです。現在三重津海軍所跡の大部分は、佐野記念公園として整備されています。 

佐野常民記念館・銅像前                                蒸気船「凌風丸」実物大模型 b0273309_16250831.jpg b0273309_16251958.jpg

縄文・弥生時代から平安、江戸・明治までの悠久の時を一気に楽しく巡り帰路につきました。

[PR]
by Fukuoka-heguri | 2014-04-15 19:16 | 史跡巡り