史跡案内ボランティアガイド


by Fukuoka-heguri

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

定期ガイド
史跡巡り
日帰りバス研修
研修旅行
臨時ガイド
ジュニアプロジェクト
平群倶楽部について
会員の活動
イベント
その他

以前の記事

2017年 12月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 03月
2010年 09月

最新のコメント

メモ帳

検索

最新の記事

ジュニアプロジェクト
at 2017-07-31 17:52
2017年6月度・史跡巡り
at 2017-06-20 17:46
2017年5月度・定期ガイド
at 2017-05-27 18:15
2017年5月度・史跡巡り
at 2017-05-16 17:28
2017年4月度・史跡巡り
at 2017-04-18 19:10

<   2015年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2015年3月度・定期ガイド

2015年3月度 定期ガイド

3月28日(土)晴れ
南金武~吉武高木~橋本地区 歴史自然探訪コース

参加者:32名(女性 13名、男性 19名)
コース:姪浜駅南口・橋本駅から南金武バス停に10時30分までに集合
    受付・コース説明・準備体操後、10時40分出発
 旧三瀬街道金武宿 ⇒ 都地城址 ⇒ アメンボ池 ⇒ 吉武高木遺跡 ⇒ 昼食(やよいの風公園)
    ⇒ 室見河畔(河童橋) ⇒ 橋本八幡宮 (解散)

前日までのひんやりした気候から一転、五分咲きの桜も一斉に開花するかと思えるような、午後は20度を超える晴天に恵まれ、気持ちのいいウォーキングを楽しみました。遠方の飯塚から参加された方や80才の方も数名元気に参加されました。

南金武バス停
会長(矢野)の挨拶に続き、田山案内人の指導により入念な準備運動をして、さぁー出発です。
b0273309_15112943.jpg


旧三瀬街道金武宿
古場案内人の説明
b0273309_15154289.jpg

南金武のバス停から旧三瀬街道を北へ約5分で金武宿に到着。数軒残る漆喰の建物が江戸時代の宿の雰囲気を残しており、頻繁に通るバスや車を昔の馬や駕籠に見立てて当時の往還の賑わいを偲びました。

都地城址
矢野案内人説明
b0273309_15174747.jpg

目の前に安楽平山(あらひらやま)や油山を眺めながら、15分ほど歩くと集落があります。この辺りの高台一帯が細川若狭守光行の居城と伝えられる都地城址です。土塁に囲まれた民家は、今でも「若狭」「細川」姓が多く、本丸・櫓跡などの地名も残っています。小田部氏の安楽平城の攻防にもここから参戦したそうです。


アメンボ池
内村案内人説明
b0273309_15222721.jpg

金武公民館の北隣の「アメンボ池」ビオトープ(人工環境)に立ち寄りました。ここは桜も比較的咲いており、地元の方々が花見をしながら公園の整備中でした。絶滅危惧種の植物やメダカが保護育成されています。池では、その名を冠したアメンボもちゃんと泳いでいたので、安心しました。

吉武高木遺跡
西久保案内人説明
b0273309_15272930.jpg


アメンボ池の脇をちょっと上ると、そこが国史跡「吉武高木遺跡」です。
「日本最古の王墓」や「やよいの風公園」について説明しました。
昨夏は草ぼうぼうで見晴らしもきかない状態でしたが、その後の史跡公園の第二期整備工事も一段落しており、まだ土だけですが古の地形がある程度復元された状態になっています。昔はかくやありしと、遺跡から仰ぎ見る飯盛山はひと際明るく輝いて見えました。
                    
          「やよいの風公園」で昼食と参加者全員で記念撮影
b0273309_1528414.jpg





室見川
内村案内人説明
広大な圃場の間を通り、西部運動公園でテニスに興じる若者たちを眺めつつ若干のトイレ休憩のあと、地下鉄橋本操車場脇の室見河畔に出ます。操車場には車両は一台もありませんでした。
河童橋の真ん中で、恒例の室見川クイズで盛り上がりました。
b0273309_16173210.jpg

「柊の葉のしおり」のお土産を皆さんに配り、喜んでもらいましたb0273309_15374486.jpg
←内村案内人の手作りです。




b0273309_1557672.jpg

気の早い花見客がたくさんでていた桜並木の河畔を通り抜け、地下鉄橋本駅へ。
ここからは希望者のみで最後の橋本八幡宮に向かう予定でしたが、ご用のある1名を除いて皆さん同行されました。

橋本八幡宮
平案内人説明
b0273309_16202614.jpg

本日のコースの最後は、橋本八幡宮です。槇と楠の生い茂る境内での説明です。
当日28日はたまたま春季大祭にあたる縁起のいい日でもあり、しかも本日初めての木陰で快適だったのは、神社の御利益でしょうか。さすがに市のアメニティ百選の地です。「きずなの木」や「男マキ・女マキ」の御神木、黒田藩三代藩主光行の臍帯を埋めた石塚などもあわせて紹介しました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ご参加の皆様、お疲れ様でした。
アンケート結果でも、楽しいウォーキングに満足していただいたようです。
次回のご参加を、案内人一同お待ちしております。 
[PR]
by Fukuoka-heguri | 2015-03-28 20:49 | 定期ガイド

歴史探方ウォーキング参加者募集

歴史探方ウォーキングの参加者募集b0273309_194179.png

爽やかな春の1日を西区にある旧三瀬街道金武宿、吉武高木遺跡、やよいの風公園、室見川河畔、橋本八幡宮 などを歴史探訪しながら歩いて巡ませんか?
平群倶楽部(ボランティアガイドグループ)がご案内いたします。


・日時;2015年3月28日(土)〔15:00頃 橋本八幡宮で解散予定〕
・集合;地下鉄姪浜駅南口バス停9:30  または 地下鉄橋本駅バス停 9:50
受付;南金武バス停 10:00(お近くの方は直接でも可)
・参加費;大人300円 小学生以下100円(保険、資料代) 
 各自 お弁当、飲み物は持参。
・申し込み締め切り:3月25日(水)迄
・申込み先;電話またはハガキで(参加者の〒・住所・氏名・年齢・電話番号)
   〒819-0035
       西区金武1872-3 田山 展【TEL:092-405-1525】まで
[PR]
by Fukuoka-heguri | 2015-03-25 19:20 | 定期ガイド

2015年3月史跡巡り

2015年3月度 史跡巡り 
3月12日(木)
京都郡 みやこ町の散策
参加者8名

史跡めぐり行程
出発 ⇒ みやこ町役場 ⇒ 橘塚古墳 ⇒ 綾塚古墳 ⇒ 昼食(花いちもんめ)⇒ 甲塚方墳
⇒ 豊前国分寺跡 ⇒ 豊前国府跡 ⇒ 解散
今回は、福岡県東部に広がる周防灘沿岸随一の穀倉地帯・京都平野の地理的特徴から、北東九州の重要拠点ならではの、独特の歴史を積み重ねてきた「みやこ町」を訪問しました。
やっと暖かい良い天気に恵まれ、2台の車でいつもより早めの8時半に戸切を出発しました。
みやこ町役場で本日の案内をお願いしていた井上学芸員と落ち合い、この地区の多様な史跡を案内していただきました。

橘塚古墳(国史跡)
最初の見学地は、黒田小学校の敷地内にある橘塚古墳です。次の綾塚古墳とともに北部九州を代表する巨石墳です。所在地の勝山地区は、前方後円墳4基の他、800基以上の方墳や円墳などが確認されているそうです。この地区に、6世紀末から7世紀初頭に集中して築造された歴史的背景に興味が湧きます。橘塚古墳は6世紀後半頃のもので、石室内部の規模や身長より大きな石材(花崗岩)などが特徴の横穴式石室のある、高さ4m、約40m四方位の方墳です。まわりには集濠が確認されています。前方後円墳がなくなっていき、代わりに大型の方墳・円墳が造られるのは奈良盆地でもみられる傾向(ピークは7世紀前半)だそうで、石の大きさで権力を誇示したものと考えられます。それにしても、町中にも家の庭やいたるところに巨石が並んでおり、まるで石の町のような感じがしました。

橘塚古墳
b0273309_13522022.jpg

玄室正面奥の巨石壁
b0273309_13543897.jpg


綾塚古墳(国史跡)
外観からはわからないが、すぐ近くの綾塚古墳も同様の花崗岩の巨石墳です。7世紀前半頃の横穴式石室(19m)を持つ、直径約40m、高さ7mの円墳で、3.5㎡の玄室に、周辺地区では唯一の大きな家型石棺が安置されています。石材は当地方の産ではないようです。その昔細川藩で、埋葬品を取り出そうと石棺の蓋を割ったところ祟りがあったためまた元の位置に戻されたという伝説も残り、現在はこの石棺をご神体とする「女帝神社」になっています。その意味は不明。手前には鳥居も付いており、石室入口の石を支える丸い柱は、古い鳥居の支柱でした。  昔から知られており、貝原益軒も訪れたことがあるそうです。

綾塚古墳を説明中の井上さん
b0273309_13562057.jpg

安置されている家型石棺
b0273309_1357934.jpg


~~~~~~~~~~本日の昼食~~~~~~~~~
花いちもんめ
国道201号線沿いのレストラン「花いちもんめ」でした。意外と立派な個室で、「鳥のから揚げ」メインで、「鯨の刺身」や「デザート」付きの「日替わり定食」(980円)
味はなかなかのものでした。
b0273309_13582762.jpg





甲塚方墳(町指定史跡)

勝山地区から豊津地区に移動して、午後一番も古墳です。甲塚方墳は、八景山南麓の標高40mの丘陵上に造られた、周溝と周堤を持つ6世紀後半から7世紀初めの方墳です。全体の規模は長さ72m幅63mに及ぶ九州最大級の規模ということです。石室は15m以上あり、玄室の広さは10畳ほどと広く、天井が4.6mと非常に高いのが特徴です。玄室奥壁の腰石は、3.5mを超える巨大さで10t位あると推定されます。ただただその大きさにびっくりです。裏山から切り出された花崗岩のようです。床は敷石が敷き詰められており、当初は石棺か木棺が置かれていたと思われます。
古墳の南側には、大宰府と宇佐八幡宮を結ぶ官道の跡が現在も道路として残っており、その位置の重要性が偲ばれます。

甲塚方墳
b0273309_13594087.jpg


予定していませんでしたが、この後ついでに近くの彦徳甲塚古墳(けんどくかぶとづかこふん)も見学しました。同時期の直径29mの円墳で、周囲に二重の周溝がめぐらされているのが珍しい。
こちらは県指定史跡になっています。

豊前国分寺跡
天平14年(741)聖武天皇が天下泰平と鎮護国家の祈願を込め建立を命じた寺院で、全国68箇所に建立された国分寺の一つです。正確な建立時期は不明とか。豊前国府に隣接し、西海道などを控える交通の要衝で、英彦山山系と周防灘に囲まれた風光明媚な「好き地」としての環境が、選ばれた要因と思われます。
もともとは、少し離れたところに七重塔が建っていたようですが、他の伽藍等もすべて天正年間の戦火により焼失し、後に真言宗寺院として再興が図られ、江戸時代に本格的に再建整備されました。現三重塔は、明治29年(1896)に建立されたもので、やっと往時を偲ばせるに足る復興が完了しました。高さ23.5mの塔は、県の有形文化財になっています。
当時の古風な鍵で開けて塔の内部も見せてもらいました。
長さ23mで60㎝四方の心柱は推定樹齢200年の杉材で、周囲の建造物とは接触しない耐震構造になっています

豊前国分寺跡 三重塔前で
b0273309_1435329.jpg


三重塔内部の十三仏と心柱
b0273309_1445767.jpg


豊前国府跡(県指定史跡)

豊前国府正殿跡
b0273309_1461267.jpg

奈良時代の豊前仲津郡に含まれる、みやこ町国作・惣社地区に置かれていました。国府は国の出先機関で現在の県庁のようなもので、全国60数か所、九州は大宰府を除き9ケ国(九州)に置かれ、肥前・筑後などとともに発掘調査で内容のある程度わかる数少ない国府跡の一つです。近くには国分寺、政庁の南300mに官道が通り、南西に国司が参詣した惣社八幡神社も隣接しています。
現在公園になっている広い野原や周りの風景からは、当時の国府としての賑わいは想像もつきませんが、それだけに歴史の変遷を感じさせられる国府跡でした。


以上で3月度の史跡巡りは終了です。
井上学芸員様ありがとうございました。
相当に詳しく専門的ながらもわかりやすい説明で、この地域の古代からの重要性がよくわかりました。
まだまだ貴重な見所も多いようですが、1日では無理でした。珍しい巨大な石材の古墳に、一同興奮冷めやらぬまま帰路につきました。

b0273309_15105045.jpg史跡巡りでは買い物も楽しみの一つ
国府跡隣接の地場産店「国府の郷」でお土産、「道の駅いとだ」で休憩と買い物で
今日の史跡巡りを締めました。
[PR]
by Fukuoka-heguri | 2015-03-12 20:19 | 史跡巡り