史跡案内ボランティアガイド


by Fukuoka-heguri

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

定期ガイド
史跡巡り
日帰りバス研修
研修旅行
臨時ガイド
ジュニアプロジェクト
平群倶楽部について
会員の活動
イベント
その他

以前の記事

2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 03月
2010年 09月

最新のコメント

メモ帳

検索

最新の記事

2017年10月度・定期ガイド
at 2017-10-10 09:27
2017年9月史跡巡り(多久)
at 2017-09-20 21:28
9月16日は中止
at 2017-09-18 17:49
2017年9月度・定期ガイド
at 2017-09-13 15:28
愛宕浜公民館での特別講座
at 2017-09-07 15:30

<   2015年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2015年6月度 史跡巡り

2015年 6月度 史跡めぐり
6月16日(火)  
福岡県 粕屋郡 新宮町・古賀市の散策、
参加者13 名

史跡めぐり行程 
  出発 ⇒ 新宮町、六所宮・梅岳寺・独鈷寺 ⇒ 新宮町歴史資料館 ⇒ 千年家
⇒ 昼食(古賀「庄屋」)⇒ 古賀市歴史資料館 ⇒ 唐津街道・青柳宿
⇒ みあけ史跡公園 ⇒ 解散 

朝から小雨で心配されましたが次第に上がり、午後からは晴れ間も出る良い天気になりました。
今回は、比較的近場の新宮町・古賀市を訪問しました。白砂青松の海岸線と緑豊かな山々に恵まれ、開発が進む住宅街の日常の風景の中にも、様々な歴史が静かに溶け込んでいることを知りました。
9時に4台の車で戸切を集発し約40分、直行で立花山口の「六所宮」駐車場( 立花山登山者用の駐車場にもなっている)に着きました。

梅岳寺(県指定史跡)

梅岳寺山門
b0273309_16163026.jpg立花道雪(右)の墓(中央は母)b0273309_16175755.jpg

駐車場で、新宮町文化協会の山内会長ほか3名のガイド(河野、佐々木、森)の皆さんと落ち合い、小雨の中を数分先の梅岳寺まで歩きました。

立花山養老院梅岳寺は、足利義満時代(1375年)に花谷山神宮寺として創建の、曹洞宗のお寺です。本堂の裏手の一画にひっそりと、戦国時代の有名な立花道雪(立花宗茂の義父)とその母、地元同志の薦野(こもの)増時の墓が並んでいました。道雪の母が埋葬されたときに、法名をとって寺の名前も改称されたそうです。宗茂が柳川に移った際に、菩提寺(福厳寺)も柳川に建立され、今は立花家との縁も薄くなっているとのこと。

六所宮

六所宮拝殿(本殿は裏手の階段の上)
b0273309_16244010.jpg

六所宮は、この地域(立花口)の産土神で、立花道雪の崇拝が厚く、出陣に際しては戦勝祈願をしたと伝えられている。境内には、溝で区画を分けられた薬師堂や多くの庚申塔も並んでいました。拝殿の裏手の階段を登ったところに本殿があり、階段横の山中には樹齢300~400年と言われるカゴノキの巨木がそびえていました。九州3番目の大きさとか。

独鈷寺(どっこじ)

六所宮からほんの少し下ると、立華山明鏡院独鈷寺(天台宗叡山派)です。幸いにも本堂に上げていただいて、94代住職の説明を聞くことができました。

b0273309_16413477.jpg
本堂で住職の説明を聞く
b0273309_1639728.jpg


独鈷とは、天台宗の武具にもなる仏具で、最澄(伝教大師)が唐から持ち帰ったと伝えられています。鏡とともにこの寺の寺宝となっています。最澄は遣唐使で唐での修行の後、延暦24年(805)この地に帰国して適当な布教地を探すため、持ち帰った独鈷と鏡を空に投げ、飛んできたこの場所に小さなお堂を建て、日本で最初に開基したのがこの独鈷寺だそうです。本尊は聖観音菩薩像で、庭には最澄が座禅したといわれる座禅石もありました。最近はガイドの皆さんでもめったに見られないという、2つの寺宝を拝ませていただけたのは、何ともラッキーでした。

寺宝の独鈷(左)と鏡
b0273309_16444319.jpg



新宮町歴史資料館

新宮町歴史資料館展示品
b0273309_1723488.jpg

多様な見所のあった立花口を離れ、途中秀吉も使ったという太閤水(井戸)を車内から横目に見て町中に入り、次は「シーオーレ新宮」4階にある、きれいな新宮町歴史資料館です。新宮は、稲作の起源論争に火をつけた、モミ跡のついた土器(夜臼(ゆうす)式土器)の発見で知られていますが、残念ながら、この地域のいろんな遺跡から出土した展示品の中にそれを見ることはできません。今どこに持ち込まれているのか、ガイドの方もわからないそうです。相島の朝鮮通信使の饗応用各種献立等も再現、陳列されています。

千年家(横大路家住宅)
(国指定重要文化財:昭和52年)

千年家

b0273309_17111178.jpg

資料館から車で10分程度、新宮最後の「千年家(横大路家住宅)」です。こちらは休館日にも関わらず、我々のために開けていただき、45代横大路当主に直接説明していただきました。   江戸時代の初め(1600年中期)に建てられたといわれており、九州で最も古い民家だそうです。「L字の曲り屋」で、屋根はすべて「茅葺」。全部葺き替えるのに2千万円ほどかかるとは驚きました。虫が繁殖しないように毎日かまどの煙で燻す必要があるそうで、ご当主も家族と離れてこの古い薄暗い家に、虫に刺されながら一人でお住いとか。文化財を守るのも大変なご苦労です。   最澄(伝教大師)が、唐から帰ったとき投げた「独鈷と鏡」の落ちた場所を目撃・案内したのが、当家の祖(猟師の源四郎)で、しばらく彼の家に滞在したお礼にと自ら彫った「毘沙門天像」と「法理の火」を授けられました。「千年家」の由来は、その火を千年守ってきたというところから来たそうです。その「法火」は、個人での管理が難しいため、今は久留米のお寺に引き取って管理してもらっているそうです。

千年家内で横大路当主の説明

b0273309_17162019.jpg
b0273309_17194926.jpg



~~~~~~~~~~~本日の昼食~~~~~~~~~~~~
古賀市天神「庄屋」

九彩膳 (1,300円 ドリンクバー付)
b0273309_1815718.jpg



昼食後、13時に「サンフレアこが」の「古賀市立歴史資料館」入口で、「古賀市史跡案内ボランティアの会」の西野会長他3名のガイド(松田・中島・三宅)さんに、出迎えていただきました。

古賀市立歴史資料館

説明中の甲斐主査
b0273309_18255036.jpg

村山館長さんの歓迎挨拶を受け学芸員の甲斐主査に案内していただきました。
最近新聞等でも話題の「船原古墳」出土の金銅製馬具等について、科学的な調査方法等たいへん詳しく、興味ある話が聞けました。

成25年3月に古賀市谷山の船原古墳の発掘調査で、古墳時代後期(6末~7世紀初め)の珍しい、絢爛豪華な馬具一式が埋蔵された土坑が見つかりました。各種馬具の他に甲冑や漆塗りの弓・矢、農具なども見つかり当時の葬祭儀礼を知るうえで相当に貴重な発見で、全国の注目を集めています。現物はすべて調査・復元中で発掘時の写真や一部のレプリカしか見ることはできないものの、これを糸口に古代のロマンと謎が解き明かされ、近く復元された馬具の輝きに出会える興奮が伝わってくるようでした。船原古墳は、国の史跡をめざしているところだそうです。

1階の図書館にある金銅製雲珠(うず)<レプリカ>
b0273309_18291135.jpg
金銅製杏葉(馬具に下げる金具) <レプリカ>
b0273309_18382944.jpg


b0273309_1848258.png




唐津街道・青柳宿

青柳宿 辻行燈
b0273309_1853492.jpg

青柳宿は、小倉から唐津に至る唐津街道の宿場町の一つで、1605年頃から約50年かけて整備されました。箱崎宿と畦町宿の間にあたり、総延長で444m。家数は最高で100軒前後あったとか。三度の大火で当時の面影は、ほとんど残っていません。東搆口近くの、復元された辻行燈から御茶屋や町茶屋の跡を見て西搆口まで、西野会長の説明を聞きながら歩きました。民家に当時の宿札3枚(薩摩中将休、松平閑叟休、黒田三左衛門宿)が残っており、最近資料館に移されたので、資料館で見ることが出来ました。初披露だったそうです。


みあけ史跡公園(県指定史跡)

最後の見学地は「みあけ史跡公園」です。日本書紀に、「磐井の乱」で息子の葛子が大和朝廷に献上したとして出てくる「糟屋の屯倉(みやけ)」の有力な候補地といわれている「鹿部田渕遺跡」(県指定史跡)を保存整備した歴史公園となっています。地理的にも、古墳時代の大型建築群跡、祭祀遺物発掘、建物の配置、棚列などからもその可能性が高いとのこと。


みあけ史跡公園
b0273309_1858626.jpg
ガイドの皆さんも一緒に
b0273309_18595269.jpg



柱の前で記念撮影をして、ガイドの皆さんとお別れです。古賀市史跡案内ボランティアの会は9名で活動されているとかで、毎年50件ほどのガイドを実施するなどその活躍が認められ、最近表彰された報奨金で整えられたという、真っ新の赤いユニフォームとハンドマイクがまぶしく感じられました。日差しも暑くなった中、丁寧に案内していただきありがとうございました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
今回は近場のため、地元の農産物店も見当たらず、買い物なしで16時前には解散し、ほぼ予定通りに帰り着きました。今回も見所豊富な史跡めぐりでした。
皆さんお疲れ様でした。
[PR]
by Fukuoka-heguri | 2015-06-16 19:11 | 史跡巡り