史跡案内ボランティアガイド


by Fukuoka-heguri

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

定期ガイド
史跡巡り
日帰りバス研修
研修旅行
臨時ガイド
ジュニアプロジェクト
平群倶楽部について
会員の活動
イベント
その他

以前の記事

2017年 12月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 03月
2010年 09月

最新のコメント

メモ帳

検索

最新の記事

ジュニアプロジェクト
at 2017-07-31 17:52
2017年6月度・史跡巡り
at 2017-06-20 17:46
2017年5月度・定期ガイド
at 2017-05-27 18:15
2017年5月度・史跡巡り
at 2017-05-16 17:28
2017年4月度・史跡巡り
at 2017-04-18 19:10

<   2016年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2016年3月度 定期ガイド

2016年3月度 定期ガイド
  
歴史自然探訪コース
南金武~吉武高木~橋本地区 
参加者:5名(女性:4名、男性 1名)、案内人メンバ11名3月26日(土)晴れ


姪浜駅南口・橋本駅→南金武バス停に10時30分までに集合受付
コース説明・準備体操後、10時50分出発
旧三瀬街道金武宿 ⇒ 都地城址 ⇒ アメンボ池 ⇒ 吉武高木遺跡 ⇒ 昼食(やよいの風公園)⇒ 室見河畔(河童橋) ⇒ 橋本八幡宮 (解散)

ここ数日の気温の低下で、開花宣言した桜も再び蕾を閉じてしまい、あいにく花はまだ少しだけでしたが、快晴でヒンヤリ冷たい風があり、絶好のウォーキング日和でした。


b0273309_18391853.jpg
b0273309_18411641.jpg




旧三瀬街道金武宿
福岡から佐賀へ向かう旧三瀬街道の最初の宿。
金武宿の往時の賑わいを古場案内人が説明しました。
b0273309_1845471.jpg




都地城址
金武小学校北側の高台に室町時代後期の細川氏の平城があります。
矢野案内人が土塁や濠跡の前で説明をしました。
b0273309_1894988.jpg


1軒の庭には美しいこぶしが咲いていました。
このエリアには今も子孫の方がたくさん居住されていて「遠く離れても都と同じ天皇の地(都地)」
その昔派遣された「古武士」を想像しました。
b0273309_18252789.jpg



アメンボ池
ビオトープ(人工環境)の池です。
公園内の絶滅危惧種の植物やメダカについて内村案内人が紹介しました。
b0273309_18342427.jpg


吉武高木遺跡(国史跡)
「日本最古の王墓」について
西久保案内人が説明しました。
b0273309_18503436.jpg
二期工事中の史跡公園
奥の白い土の部分が、
吉武大石遺跡の甕棺ロード部分だと思われます。
b0273309_1856524.jpg



やよいの風公園
ここで昼食です。
「やよいの風公園」の名付けの親の田山案内人。
命名の動機は
近くの山上から、弥生時代の遺跡の上を風が渡っているのを見て
そう感じたそうです。
b0273309_18575368.jpg



記念撮影
b0273309_1901127.jpg




福田さんと樋口新会員
b0273309_1911342.jpg

西区の福田さんは昨年の平群倶楽部主催の「飯盛山~叶岳トレッキング」に初参加されて今回で2回目だそうです。「山はきつかったが、眺めが素晴らしくすごく気持ちよかった」とおっしゃっていました。今回も十分楽しんでいただけたそうです。孫のような平群倶楽部ニューフェース(3月入会)とのツーショット。


室見川
河童橋の真ん中で、内村案内人の室見川についての説明とクイズで楽しみました。
b0273309_19273042.jpg
参加記念に「柊の葉の栞」全員にプレゼント。
b0273309_18452097.jpg



室見川河畔の桜
残念ながら2分咲き程度でしたが・・・・・
b0273309_14532831.jpg
一週間後には (2016年4月2日撮影)
b0273309_14535721.jpg

橋本八幡宮
入口の名木「紅枝垂桜」が見事に満開。
b0273309_18494317.jpg
「きずなの木」や八幡宮の由来などを平案内人が説明しました。
三日前にFBS「ばかハヤッ」の取材をここで受けました。
b0273309_18515922.jpg



4時05分には予定の案内を終了することができました。
桜は残念でしたが、打ち解けた家族的雰囲気で、楽しいウォーキングになりました。アンケート結果でも皆さん満足していただいたようです。
またのご参加を、一同お待ちしております。         
[PR]
by Fukuoka-heguri | 2016-03-26 17:08 | 定期ガイド

2016年3月度 史跡巡り

2016年 3月 史跡めぐり

2016年 3月15日(火)8時30分~16時30分 晴れ
八女市の街並み散策と「いわいの郷」
 参加者 8名

史跡めぐり行程 
出発 ⇒ 八女伝統工芸館 ⇒ (街並み徒歩)(堺屋・矢部屋許斐本家・横町町屋交流館)
⇒ 昼食(黒豚屋)⇒ 福島八幡宮 ⇒ 八女伝統工芸館 ⇒ 岩戸山歴史文化交流館 ⇒ 解散 
史跡めぐりとしては久々に快晴で、絶好の散策日和となりました。


八女伝統工芸館の玄関前
八女市観光案内ボランティアの丸林さん  

b0273309_12301510.jpg玄関前の石灯籠から説明が始まり、情緒のある街並みを、昼食を挟んでぐるりと回りました。最後の歴史文化交流館でご案内いただいた学芸員の大塚さん共々、懇切丁寧な説明で、八女の歴史を身近なものにしていただきました。
八女の街並みは、天正15年(1587)秀吉に封じられた筑紫広門が、この地方の中心地・福島に福島城を築いたあと、筑後領主となった田中吉政が1601年に柳川城の支城として改修整備した時の町割りや水路などが現在も継承されています。歴史と自然に恵まれ、名産のお茶は言うまでもなく、石・仏壇・提灯などの多くの伝統工芸が息づいています。「ぼんぼり祭り」は一昨日まででちょうど終わったばかりでしたが、華麗な雛飾りも随所で見ることができ、八女の情緒を堪能しました。



堺屋(旧木下家住宅)(市文化財)

堺屋離れ(左)と倉庫
b0273309_1241361.jpg
b0273309_1242952.jpg
伝統工芸館前を新町交差点から北の通りに入るとすぐ古い街並みが広がってきます。「堺屋」は、屋号を堺屋と称して代々酒造業・材木業で栄えた木下家の住宅跡で、敷地とともに市に寄贈されたものです。本宅はなくなっていますが、第11代が明治41年に建設したという「離れ」と倉庫が残っています。
貴賓客の応接に使われた「離れ」は、重層入母屋造桟瓦葺で鬼瓦に西洋風の風見鶏が付き、庭や部屋の内部も贅と意匠を凝らした建物になっています。乃木希典大将も訪問したということです。

座敷
b0273309_12545666.jpg
手水鉢の下には水琴窟が
b0273309_12553313.png

座敷の天井は、天井と周囲で角を折り上げ、床柱が皺を持った黒柿、欄間は屋久杉の1枚板で周囲に金箔・黒漆塗りの枠木、縁側の欄間に富士と鷹・違い棚の上に茄子の彫刻、鶴の形の釘隠しなど徹底的に縁起物にこだわった飾りを施してあります。床の間の「櫨」の掛け軸は書ではなく、画家井上三綱の絵でした。


表玄関から出て、「居蔵」と呼ばれる瓦屋根土蔵造りの町並みが残る往還道(本街道ではなく豊後へ抜ける豊後別路)を歩きます。

旧往還道の街並み
b0273309_137192.jpg
木造3階建て(下妻蒲鉾店)
珍しい木造三階建ての「下妻蒲鉾店」に立ち寄り、出来たての竹輪を買って頬張りながら歩きました。もとは魚市場だったそうです。
b0273309_13183167.jpg


矢部屋許斐本家

矢部屋許斐本家
b0273309_13235830.jpg
店先の雛飾り
b0273309_13271664.jpg

創業が慶応元年という、九州で最古の製茶と輸出茶商を営む「矢部屋」の許斐本家の建物です。左側の採光に工夫を凝らした木造の黒塀部分は、茶の審査場跡でした。

店先で試飲のお茶を入れて戴いていた時、店主のご主人と奥様の所作を見てメンバーの一人が最近TV出演されていたことを思い出しました。それがきっかけ?で奥の建物2階まで特別ご案内を受け、調度品や茶缶・琵琶・絵など貴重なものが見れて得した気分になりました。

奥二階居室

b0273309_168922.jpg
琵琶
b0273309_169855.jpg
見事な欄間や調度品に歴史を感じます。床の間の絵は竹久夢二の初期の頃の自筆の絵。琵琶は、今も定期的にここで開催されるお稽古会で使っているそうです。


横町町屋交流館
横町町屋交流館は、もとは明治からの造り酒屋で、北棟は弘化2年・南棟は大正7年の築。裏には酒屋時代の煉瓦の煙突の跡も残っています。現在は市の情報発信施設として復元整備され、雛飾りや2階には郷土出身の作家の資料等が展示されています。

横町町屋交流館付近の街並み
b0273309_164029100.jpg
常設展示の見事な雛飾り
一つ一つ作者が違うそうです。
b0273309_16422712.jpg




  ~~~~~~~~~~~本日の昼食~~~~~~~~~~~~


町屋交流館の真ん前が昼食会場
黒豚屋
b0273309_16581390.jpg
       町屋ご膳・1,080円
b0273309_16515656.jpg

美味しい上に「豚しゃぶ」「うどん」までつく品数の豊富さ、実にリーズナブルなものでした。


福島八幡宮

燈籠人形で有名な福島八幡宮
b0273309_18312541.jpg
燈籠人形(伝統工芸館内で撮影したもの)
b0273309_17221441.jpg
福島八幡宮は、旧福島城下町民の氏神として、寛文元年(1661)現在の場所に勧請されました。延享元年(1744)に人形の燈籠を放生会に奉納するようになり、1722年に浄瑠璃作者の松延甚左衛門(元福島大庄屋)がからくりの技術を伝え(複雑な動きは、からくり儀衛門の工夫)、当番町制による上演様式が確立されました。現在燈籠人形は国の無形民俗文化財に指定されており、毎年秋分の日を含む三日間、八幡宮の境内に屋台を建て、前の玉石が並ぶ斜面を観客席として上演されています。境内にある巨木の銀杏に寄生する「やつで」が今は幅を利かしていました。


八女伝統工芸館

八女伝統工芸館に戻り、館内を案内していただきました。ここは廃線になった八女福島駅があった場所で、館内には当時のレール敷が残されています。古レールは道路沿いの長い藤棚にも活用されていました。

八女伝統工芸館内

当時のレール敷が残されています。
b0273309_1728334.jpg
日本一の仏壇
展示用に特別に作られたもので
展高さ6.5m、幅3.8m奥行2.5mで重さ2t
材料費だけで3,500万円。買うなら数億円? 
b0273309_1735057.jpg
九尺提灯
材料費1,000万円。
今は山鹿灯籠もここの和紙が使われています。
b0273309_17395797.jpg
絵付けの作業中
b0273309_17441643.jpg



日本一の石灯籠「八女匠の門」で記念撮影
b0273309_17512728.jpg

阿蘇の凝灰岩を素材として作った日本一の石灯籠だそうです。
くぐれば長生きすると聞いて皆でくぐりました。
案内の丸林さんとは、ここでお別れです。同業者の案内で緊張したと仰っていましたが、わかりやすい丁寧なご説明をありがとうございました。


岩戸山歴史文化交流館(いわいの郷)
岩戸山歴史文化交流館は、北九州最大の前方後円墳である岩戸山古墳の北側に、昨年11月末に開館したばかりです。

歴史文化交流館玄関
b0273309_18345346.jpg

今回は時間の関係で館内の展示物を中心に、
学芸員の大塚さんに約1時間案内していただきました。
b0273309_1837115.jpg
代表的な石人像
b0273309_18374740.jpg
古代史上の大事件「磐井の乱」で、大和の継体に敗れた郷土の英雄「筑紫君磐井」にスポットを当て、テーマに沿って効率よく配置された展示もたいへん見やすくなっていました。解説にも郷土への思い入れがひしひしと伝わってきます。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ほぼ予定の時間に終了し、帰りは広川ICから帰途につきました。
何度も行った地でも、視点を変えると新たな発見があります。一度見たものでも、再度見ると理解が深まるようです。今回も有意義な史跡めぐりでした。
参加の皆さんお疲れ様でした。
[PR]
by Fukuoka-heguri | 2016-03-15 18:29 | 史跡巡り

平成27年度 西区歴史よかとこ案内人 「新人バス研修」



平成27年度 西区歴史よかとこ案内人 「新人バス研修」
平成 28年 3月6日(火)9時30分~17時00分 くもり
参加者:新人会員12名、他引率者・まるごと博物館代表等 総勢20名

研修行程
姪浜中央公園 ⇒ 愛宕神社 ⇒ 生の松原元寇防塁 ⇒ 今山遺跡 ⇒ 今津元寇防塁
 ⇒ 昼食(九大キャンパス構内)⇒ 元岡瓜生貝塚 ⇒ 丸隈山古墳 ⇒ 大塚古墳
野方遺跡飯盛神社吉武遺跡群 ⇒ 姪浜中央公園解散 

平成27年度に「西区歴史よかとこ案内人」に入会された新人案内人の皆さんが、研修の一環として各エリアの代表的な史跡を借り上げバスで巡りました。各ポイントにはそれぞれのグループの先輩案内人が待ち受けて説明しました。
平群倶楽部のエリアは最後になりましたが、3か所の案内でした。
新人の皆さんが幸運を持ち込んだのか、雨の予報に反して時折晴れ間ものぞく暖かい1日となり、気持ち良く有意義な研修が出来たことでしょう。これからの活動にも晴れ間と活躍を期待します。

新人の皆さんと引率者
b0273309_2043385.jpg

[PR]
by Fukuoka-heguri | 2016-03-06 20:39 | その他