史跡案内ボランティアガイド


by Fukuoka-heguri

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

カテゴリ

定期ガイド
史跡巡り
日帰りバス研修
研修旅行
臨時ガイド
ジュニアプロジェクト
平群倶楽部について
会員の活動
イベント
その他

以前の記事

2017年 12月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 03月
2010年 09月

最新のコメント

メモ帳

検索

最新の記事

ジュニアプロジェクト
at 2017-07-31 17:52
2017年6月度・史跡巡り
at 2017-06-20 17:46
2017年5月度・定期ガイド
at 2017-05-27 18:15
2017年5月度・史跡巡り
at 2017-05-16 17:28
2017年4月度・史跡巡り
at 2017-04-18 19:10

<   2016年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

平成28年度 連絡協議会バス研修

平成28年度 連絡協議会バス研修
2016年 11月10日(木)8時30分~16時10分 曇り後雨
佐賀県唐津市 菜畑遺跡・末盧館、久里双水古墳および
長崎県松浦市 鷹島埋蔵文化財センタ・同民俗資料館、元寇記念碑 他
参加者38 名(平群 6、姪浜15、今宿13、今津4)
参加費 3,000円


研修行程
8:35 姪浜中央公園出発 ⇒ 9:30唐津市 菜畑遺跡・末盧館 ⇒ 10:50松浦市 民族資料館
・同 埋蔵文化財センタ ⇒ 12:05昼食 阿翁浦港「吉乃や」⇒ 13:05元寇記念碑 
⇒ 13:30道の駅「鷹ら島」⇒ 14:25久里双水古墳 ⇒ 14:45 JA唐津「うまかもん市場」
⇒ 16:05姪浜中央公園解散 
   
午前中曇りで午後小雨が降り出す、急に冷え込んだあいにくの一日でしたが、外歩きが少なかった分さほど支障は感じませんでした。糸島観光のバスで、唐津に直行しました。稲作を伝える重要な菜畑遺跡に建つ末盧館では縄文晩期から弥生に亘る稲作の歴史について、鷹島では鎌倉時代の元寇の歴史について説明を興味深く聞き入りました。最後は雨の中をかなり高い久里双水古墳の頂まで登り、古墳時代の雰囲気も味わいました。
昼食は、日本一といわれる鷹島の養殖トラフグのランチを堪能し、トイレ休憩や最後の買い物で立ち寄った農産物直売所では、福岡では野菜が高いので、それぞれ山のようなお土産を仕入れて帰路につきました。詰め込み過ぎない手頃な行程で、じっくり楽しめました。



菜畑遺跡・末盧館

末盧館
「からつ末盧館」は、魏志倭人伝に有名な「末盧国」に比定されるこの地に因み、日本最古の稲作遺跡といわれる菜畑遺跡を顕彰するため、この名がつけられました。25~2600年前に始まる菜畑遺跡の再現とここで発掘された遺物の数々を展示しています。館内では、折よく「稲作伝来第二幕」(唐津湾岸の弥生社会の成立)の特別企画展も見学でき、稲作の発展段階との違いも勉強できました。
b0273309_15474756.jpg
館内b0273309_1548037.jpg



館内展示から遺跡公園(出あいふれあい広場)まで、末盧館の学芸員濱口さん(女性)の案内です。明快な語り口でとてもわかりやすく稲作の歴史を解説していただきました。縄文晩期を証明した炭化した米(日本最古?)だけでなく、アワ・ソバ・大豆などの五穀や栗・桃などの果実、石包丁・木のクワなどの農工具、土器などとともに、猪豚(家畜?)や各種の動物の骨も出土しており、「日本農業の原点」としても見るべきものがあります。

出あいふれあい広場

b0273309_1550913.jpg

裏の広場では当時の小さな水田を再現し、そこで今年刈り取ったばかりの赤米が干してありました。広場内には、竪穴住居や高床式倉庫、縄文の森も復元しています。


松浦市立 歴史民俗資料館・埋蔵文化財センター 
歴史民俗資料館
b0273309_15573428.jpg

鷹島の海底遺跡では1980年から、琉球大などを中心に調査が行われて、壺や刀・碇石などが引き上げられていましたが、2011年(平成23)に水深20数ⅿの海底を約1ⅿ掘り下げたところから、元の軍船(船底の竜骨と外板)を発見しました。それで翌2012年に鷹島町神崎免の沖合海域(約38万㎡)が日本で初めての海底遺跡「鷹島神埼遺跡」として国史跡に指定されています。この海域は弘安の役(1281年)の際、元の船団が暴風雨で壊滅的被害を受けた地点といわれています。 

b0273309_1655515.jpg資料館では海底遺跡からの4000点以上の出土遺物と、埋文センタでは、海中という特種な状態での発掘と遺物の保存処理方法などを見学勉強できます。学芸員の山下さん(女性)の抑揚をつけた講談調の語り口は、情景が見えるような説明で、聴衆を見事に元寇の時代に連れて行っていただきました。
AR(拡張現実)の眼鏡をかけて、蒙古襲来の元寇船団に乗っている気分を味わうことができました。スマホでも可能です。


鉄製冑
b0273309_1610283.jpg
牡蠣殻のつく壺
b0273309_16112174.jpg


 てつはう
蒙古襲来絵詞で有名な新兵器「てつはう」。
投石機で飛ばし、中には鉄や陶器のかけらが詰められていたそうです。
b0273309_16123620.jpg
管軍総把印
昭和49年に発見された青銅製の印。元国字のパスパ文字で「管軍総把印」と刻まれています。
持ち手のところに「至元14年(1277)9月造」の字も確認できる。総把とは中隊長程度の将校とのこと。
b0273309_1613794.jpg


海底発掘模様レプリカ
海底での調査は大変です。掃除機のようなもので砂泥を吸って取り払います。
木製遺物などは地上に上げるとすぐ腐ってしまうそうで特別な処理が必要です。
b0273309_16134485.jpg
木製大碇の先端と碇石
b0273309_1614199.jpg






    ~~~~~~ 昼食 阿翁浦港「吉乃や」 ~~~~~~
      とらふぐdeランチセット
b0273309_16221464.jpg

松浦市は、とらふぐの養殖で日本一だそうです。
赤い皿一杯のフグ刺し付きランチは料金もリーズナブルでここでなければ食べられません。




宮地嶽史跡公園
b0273309_1654141.jpg

食事後は、宮地嶽公園の元寇記念碑を見学しました。鷹島町阿翁免の標高116mの宮地嶽は、玄界灘が一望に見える鷹島一の絶景地で、近くにモンゴル村(先月で休村に)も見えます。元寇の際の激戦地になりました。数名を除きほぼ全員が元軍に殺されたという村民の慰霊塔もあります。昭和45年に史跡公園として整備されました。

元寇記念碑
b0273309_1672766.jpg

元寇記念碑は大正5年に建立されましたが、碑の裏には元寇の役の経過や元軍殲滅の史実が刻まれています。風もあり雨の中の見学となり、せっかくの絶景地でしたが早々に切り上げました。


鷹島肥前大橋

b0273309_1684120.jpg

平成21年開通の、鷹島肥前大橋のたもとにある道の駅「鷹ら島」でトイレ休憩後、再び唐津の方へ戻ります。



久里双水古墳公園


久里双水古墳
b0273309_16103425.jpg

傘をさして登りました。久里双水古墳は、唐津平野の南最奥部の松浦川右岸の丘陵部に立地する、古墳時代初頭(3世紀末から4世紀初頭)築造で、今宿古墳群よりも大きな、近隣では最大の前方後円墳です。古墳公園の中の建物に、発掘された竪穴式石室のレプリカが展示されています。


発掘調査時の写真
b0273309_16114484.jpg
古墳の頂上から
b0273309_16122511.jpg



墳丘長は90ⅿ、後円部長47ⅿ、くびれ部幅20ⅿ、前方部幅29ⅿ。高さが非常に高く、天井石の上部で標高37ⅿ前後あり、墳頂はさらに高かったと思われます。墳頂部には後世に経塚が置かれ、削られています。前方部は整形と版築状盛土がありますが、後円部は地山の整形のみで盛土はありません。

全体の墳形は、くびれ部分が不明瞭な柄鏡形です。未盗掘だった石室内から、径約12㎝の平縁盤龍鏡(黄河・長江流域と楽浪の漢墓から出土、国内では30面出土)や鉄製刀子、碧玉製管玉などが出土しています。未盗掘の割には遺物が少ないのは、石室内の気密性が失われ劣化が激しかった可能性もあるとか。




b0273309_16243942.jpg 


最後に「うまかもん市場」に寄って、それぞれ野菜や果物などのお土産・夕食の素材を大量に仕入れてから、帰途につきました。
程よい見学数で、雨の中のバスの乗り降りも少なくてすみ楽しく有意義な研修旅行でした。
ガイドのお二人の説明には皆さん感心しきりで、良い刺激になったようです。
研修担当の今宿G大崎さんお世話様でした。
ご参加の皆さんお疲れ様でした。
[PR]
by Fukuoka-heguri | 2016-11-10 16:52 | 日帰りバス研修

旧三瀬街道 廃道トレッキング

2016年11月度 定期ガイド

旧三瀬街道 廃道トレッキング

11月3日(火祝) 快晴
南金武(金武宿)~飯場峠~飯場宿~曲淵公民館

参加者:40名(女性:13名、男性27名)、平群10名(内2名は救護・受付班)、
コース:南金武バス停にて、10時00分から受付
    (10:40)南金武バス停(コース説明・準備体操・三瀬街道の説明)
⇒ 11:00南金武出発 ⇒ 11:20西山登山口 ⇒ 12:20飯場峠 ⇒ 12:40真教寺前 
⇒ 12:50曲淵公民館 ⇒(昼食)⇒ 13:10解散 バス等下山(陽光台方面) 
           ⇒ 13:30復路出発 ⇒ 14:05飯場峠 ⇒ 14:50南金武


秋晴れで突き抜けるような青空と、空気はヒンヤリと気持ちよく、旧三瀬街道ガイドでは初めての好天に恵まれました。3名のキャンセルがありましたが、スタッフを含め48名で、旧街道を歩きました。雨で中止の昨年から待ちに待っての再度の申し込み者や、飯盛山~叶岳からの連続参加者も多く、遠方は久留米からまで、山歩き大好きの元気な方ばかりで、一人の脱落者もありませんでした。スタートが遅い分曲淵到着も遅くなったので、下りのバスの時間の関係でアンケートをいただく時間がありませんでしたが、解散時の笑顔と個別にお聞きした限りでは、皆さん充分楽しんでいただけたようでした。


コース説明,旧三瀬街道の歴史についてのレクチャー、準備体操の後
           参加者全員で記念撮影
b0273309_16513411.jpg



スタート
予定より15分ほどの遅れで出発です。まずは集落の中の広い舗装道路を登ります。
ここも昔の街道ルートです。
b0273309_16572479.jpg


西山登山口
ここから山道に入るので登山口で一旦水分補給し装備を整えます。
右脇の川には砂防堰堤があります。
b0273309_16583612.jpg




 山道へ
一列になって山道を歩きます。
b0273309_1764935.jpg


   駒山作右衛門則弘の墓
b0273309_1791444.jpg

さらにコンクリートの山道から石ころの林道に入るとすぐ左手の小高いところに石塔が立っています。
1730年頃幽閉先のこの地で亡くなった黒田藩士駒山作右衛門の墓といわれています。



石ころの旧街道
最近の好天で水はあまり流れていませんでしたが、
旧街道は川底のような石ころだらけの道になっています
b0273309_17144345.jpg

側溝跡
最大の難所、壊れた側溝で階段状になっています。当初皆で積んだ土嚢も、このコースを使うオフロードバイクの練習で、すぐ壊されます。今年は水が少ない分、それほど超えるのに苦労はしませんでした。それでも、ここらあたりからはしばらく沢登りの様相を呈します。
b0273309_1716472.jpg


多数の倒木
スタッフが事前に下見して藪を払ったり、木を切ったりしていましたが、あちらこちらには倒木が道を塞いでいます。倒木を迂回したり、屈んだりして通ります。
b0273309_17195912.jpg



飯場峠
やっと一番高い飯場峠に到着しました。
休憩です。
b0273309_17222922.jpg


b0273309_15573024.jpg


3年前に設置した峠の標識の前で一休みします。
10/1の飯盛山~叶岳縦走にもご参加いただいたお二人です。
歩くのが大好きなようです。



             ここからは下るだけになります。 
b0273309_1632476.jpg



真教寺前
b0273309_1645821.jpg
松原邸
屋根が新しいトタンで覆われてしまいましたが、
集落の中に1軒だけ藁葺き白壁の家が残っています。
飯場宿があった時代から居住されているということです。
b0273309_1652723.jpg



昼食(曲淵公民館)

b0273309_168405.jpg

参加者で、元西区まるごと博物館自然部会の牛尾さん(昨年の飯盛山も同行)
シュロの葉でバッタを作って配っていただきました。
b0273309_169765.jpg





解散

ここから行程が分かれるので、ひとまず13時過ぎに解散しました。


バスで下山組

b0273309_16135744.jpg
曲淵公民館前バス停から、24名の方がバスで陽光台方面へ帰られました。
また9名(平群2名含む)が歩いて同じ早良方面へ。



帰路も歩いた健脚組(南金武帰着)
健脚者4名とスタッフ6名の10名だけでした。
b0273309_16172395.jpg
中央区の平山さん、女性で唯一の往復組でした。
眺望はなくても楽しかったとおしゃっていました。
b0273309_16303064.jpg






波呂曲淵自治会長
b0273309_16361726.jpg今回は地元曲淵自治会の歩こう会から、波呂会長以下5名も参加していただきました。
波呂会長は、戦国時代の城主曲淵河内守の弟で大山祇神社の勧請などで名の残る波呂新左衛門の末のようで、曲淵の60数戸の内、10軒ほどが波呂姓とお聞きしました。
公民館の利用など何かとご配慮いただきました。隣の小学校には山の学校として留学制度で市内の方から通学している生徒も多いそうです。


 b0273309_1648220.jpg


ご参加の皆様、お疲れ様でした。
コースも天気もめったにない好条件で、廃道をじっくり味わうことが出来たと思います。
皆様のご協力でケガ人もなく円滑に無事に終えることができました。
「西区よかとこ案内」、またのご参加をお待ちしています。
[PR]
by Fukuoka-heguri | 2016-11-03 20:40 | 定期ガイド